転職理由と志望動機は一貫し、矛盾をなくしましょう

面接まで進んだのはいいけれど…

 自分の希望に合う求人票を見つけ、書類を提出しても、落ち続けてしまうことも珍しくはありません。そして、せっかく面接まで進んだとしても、面接官との話が進むうちに、最初は明るかった表情が次第に曇り始めて、突っ込んだ質問をされるといったこともあります。なぜ、このようなことが起こってしまうのでしょうか。

答えに矛盾がないよう注意しましょう。

 たとえば、転職理由や志望動機をまったく別々に考えていると、話がちぐはぐになっていて、聞いていても矛盾を感じてしまう場合があります。このような場合、面接官はどうしてもさらに詳しく聞きたくなるため、突っ込んだ質問をしてくるのです。
本来、志望動機というのは、前職の退職理由のなんらかの解消案が含まれているべきなのです。

矛盾をなくすための準備をしましょう。

 転職理由や志望理由、そして、今後応募先企業でやりたいことを並べてみて、それぞれのつながりに矛盾がないかを確認しましょう。面接では転職を通じて、自分が成し遂げたいことが一貫していなければなりません。もし、自分で判断が付かない場合は、家族や友人などに聞いてもらって、面接までに矛盾をクリアするよう努力しましょう。