転職活動が成功しない場合どうしたらいいの?

 転職しようと思い立ち、転職活動にいそしんでみたものの、数ヶ月経っても転職先が見つからない場合、どうしても焦ってしまい受ける会社のランクを下げてしまったり、福利厚生などのそれほどよくはない会社に入社した挙句、不満が溜まり結局また転職をするハメになります。そんな時には、転職活動中の行動を振り返りつつ、なぜ転職先が決まらないのかの分析をしてみる必要があります。

ダラダラと転職活動していませんか?

 転職活動に時間をかけすぎてしまうと、少しづつ生活もだらけてしまい職安へすら行きたくなくなったり、面接のアポ取りも面倒臭くなってしまうなどのたるみがどうしても出てしまいます。会社を退社した後の転職活動の場合、前職と同じ時間に起きるようにして、なるべく忙しい生活をするようにしましょう。

転職してどうなりたいのか?

 転職活動の目的がはっきりとしていない場合、将来的にどうなりたいのかがはっきりしないので、前職の経験が活かせない職種に就いてしまったりと、結局は自分の首を自分で閉める結果となり、せっかく転職できたとしても長続きしない場合があります。

転職先への希望が多すぎないか?

 転職先への希望があまりにも多すぎてしまうと、あれもこれも欲しいという欲張り状態になってしまい、結局どの会社も選べず転職先の幅が狭くなってしまいます。絶対に外せない希望は3つ程度にしておき、自分の希望に合う転職先を見つけるようにしましょう。